花火大会鑑賞に人気の「屋形船」!!屋形船の楽しみの醍醐味とは?!

屋形船は、利用目的に合わせて有効活用出来ます。年中楽しむ事が出来る屋形船は、季節によっても楽しみ方は千差万別です。ここでは、そんな屋形船周遊の魅力をお届けします。

屋形船の醍醐味

代替テキスト

屋形船は、外国人観光客が東京の名スポットとして立ち寄る程、人気の高い日本文化を体験出来る魅力的な施設です。屋形船を日常的に目にする人にとっては変わらない光景でも、水運を活用していた昔の日本特有の文化が凝縮された見所溢れる景色です。現在は、屋形船の復活と共に日本人からも外国人観光客からも注目を集める娯楽として人気が高まっています。

和を感じる畳式の船内

屋形船で和の雰囲気を十分に楽しみたい場合、船内が畳敷きの内装になっている船を選択するのがお勧めです。畳特有のイグサの香りは、日本ならではの特別な香りであり気持ちを落ち着けてくれます。畳の感触を裸足で感じたり、香りを楽しんだり、日本文化をより一層感じる事が出来ます。畳敷きは、思わず畳に寝転びたくなるような穏やかな気持ちにしてくれる魅力があります。そんな畳敷きの屋形船で美味しい和食料理を味わえば、和の雰囲気を思い切り楽しむ事が出来ます。

和の繊細な料理を堪能する

和食と言うのは、繊細な味付けや素材本来の味を活かした調理方法が魅力です。屋形船を運営している東京は、当然、海や川に近い地域になるので、新鮮な魚介類を堪能する事が出来ます。例えば、汁物でも魚介の出汁が効いている、旬のお刺身盛り合わせ、季節の魚の煮つけ等、新鮮な魚介の美味しさを引き立てた日本料理が提供されています。他にも、目の前で調理されたお寿司や天婦羅を食べながら優雅な時間を楽しむ事の出来る屋形船もあります。最近の屋形船は、利用者に出来立ての料理の美味しさを堪能してもらえるように、色々と利用者に向けた嬉しいサービスを展開している所が多くなっています。

雰囲気をさらに盛り立ててくれるサービス

例えば、夏に行われる花火大会を見に行く際、日本では浴衣を着用して観覧に行く方は沢山います。普段着用する機会が無いからこそ、特別な日に着用する事で一段と雰囲気を盛り上げるのに一役買ってくれます。
最近は、外国人観光客が増加傾向にあり、屋形船でも浴衣の着付けや貸出サービスを提供している所も増えています。浴衣の貸出は、外国人に限らず国内の利用者にも行われており、誰でも気軽にサービスを利用する事が出来ます。女男共に貸出浴衣が用意されているので、デート利用にも人気があります。

屋形船の種類について

代替テキスト

2つのタイプの屋形船

屋形船には、基本的に貸切り船と乗合船の2つのタイプの船があります。乗合とは、屋形船に見知らぬお客同士のグループが乗り合わせて同じ時を過ごすと言うタイプです。一方、貸切り船は、事前予約で屋形船一隻を借りて顔見知りだけのプライベートな空間として活用出来るタイプです。
最近では、少人数の利用でも船を貸切る事が可能な場合も多くなっています。船の大きさにもよりますが、大体10名程度の人数であれば貸切りを許可している業者も多いです。男女各5名ずつ主客すれば合コンを屋形船で開く事も出来ます。このように、特別なイベントの場に花を添える工夫として、粋な屋形船を活用する利用者も沢山居ます。

屋形船の乗船時間

屋形船の乗船時間は周遊するルートによって変わります。乗船時間が3時間を越える長距離遊覧出来るコースがあったり、逆に、2時間程度と言うように飲み会の一般的な時間帯での周遊ルートコースがあったり、色々なコースを選択して仲間と遊覧を楽しむ事が出来ます。屋形船で宴会の一次会を楽しんで、陸地に戻ってから二次会を別の場所で行うと言った楽しみ方も出来ます。 また、少人数で屋形船を貸切る場合には、様々なイベント事にも利用する事が出来ます。例えば、職場仲間の送別会、歓迎会、サークルの懇親会等、ちょっとした仲間同士の集まりの場所としても有効的に活用する事が出来ます。
最近の屋形船は、伝統的な和風の内装に限らず、洋風のフローリングの内装の船も用意されており、利用する目的や雰囲気に合わせて最適な屋形船を選ぶ事も可能です。

屋形船で人気の花火大会

代替テキスト

屋形船での花火大会観覧は、貸切り・乗合いに関わらず、毎年予約が取れないとして有名なイベントです。屋形船の人気定番イベントとしても定着してきており、日本人、外国人共にその人気は高く、席の確保も早い段階でキープしなければ埋まってしまう程です。ここでは、そんな花火大会を屋形船で観覧する魅力についてご紹介します。

人込みによる混雑を回避する事が出来る

屋形船は、貸切り・乗合いに関わらず乗船可能な人数は決まっています。なので、通常花火大会を鑑賞する際には、会場に辿り着くまでに人混みの混雑している中を歩いて向かう事になり、それだけで疲れてしまって会場に着いてもゆっくり鑑賞する事は難しいですよね。しかし、屋形船での鑑賞は、限られた人数の中でゆっくり落ち着いて花火を鑑賞する事が出来ます。また、屋形船では美味しい料理やお酒の提供がセットになっているので、花火をのんびり鑑賞しながら優雅に食事やお酒を堪能する事が出来ます。時間を忘れて素敵な時間のひと時を楽しむ事が出来る良さがあります。

花火をベストポジションから鑑賞する事が出来る

屋形船から鑑賞する花火大会の最大の魅力は、何と言っても花火をベストポジションから見る事が出来ると言う、好立地なロケーションにあります。屋形船の運営会社では、毎年開催される花火大会のベストロケーションをしっかりと把握しています。なので、花火全体を一望出来る最高なベストポジションに船を付けてくれるので、満足度の高い花火鑑賞を思う存分味わう事が出来ます。 通常の花火大会では、早い時間帯からベストポジションを確保する為に会場にいかなくてはならなかったり、厳しい暑さの中待機しないといけなかったり、色々と手間もかかって大変な事が多いです。しかし、屋形船であれば開催日に屋形船を予約しておくだけでOKなので、お手軽で便利な上に鑑賞もじっくり楽しむ事が出来ます。また、水上で鑑賞する屋形船での花火大会は、水面に花火が綺麗に反射して写し出される事も多くあり、地上から眺める景色では味わう事の出来ない神秘的な景色の世界を楽しむ事が出来るのも魅力になっています。

浴衣の貸出しや着付けサービスの充実

屋形船の運営会社の中には、日本の伝統衣装である浴衣貸出しや着付けサービスを提供している会社も多くあります。実際、浴衣を自分で着付けて着用しようと思うと何かと面倒な事も多かったり、浴衣が無い場合は購入する必要があったり、手間がかかります。 しかし、屋形船で貸出しや着付けサービスがあれば、利用者は普段着のままの格好で手ぶらで屋形船まで向かう事が出来ます。少し割高にはなりますが、花火大会当日の利便性も高く、良い記念にもなるので、総合して考えると少し料金が高くなってもお得なサービスと言えます。

個室から景色を鑑賞する事が出来る

花火会場と比較しても、屋形船は人混みの混雑を最小に回避する事が出来ます。花火大会が始まると、屋形船のテラスの方に人が集まってくるので、場合によっては少し混雑する可能性もあります。しかし、屋形船の中には4~10名程度で貸切り利用が可能な完全個室完備の船も運航されています。快適にゆっくり花火鑑賞したい方には、少し料金は高くなりますが完全個室完備の屋形船もお勧めで人気もあります。